ページの先頭です

みずほ総研コンファレンス

みずほ総合研究所は、日本が直面しているさまざまな政策課題について、その解決策を模索する上で参考となるような視点の提供を目的に、政官財やメディア、シンクタンクの関係者を対象としたコンファレンスを随時開催しています。

2017年3月24日開催

2017年3月24日に開催した2016年度第5回みずほ総研コンファレンス「地方創生 第二弾~地域資源でビジネスを進めるには~」では、自治体運営、産業振興、人口減少等の分野で深い知見を有する有識者をお招きし、弊社研究員とともに地方創生の行方について活発な議論を行いました。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

テーマ 地方創生 第二弾
~地域資源でビジネスを進めるには~
主な論点
  • 地方創生の評価と今後の展望・課題
  • 地域資源の活用と行政・企業・大学の役割
  • 和歌山・近畿の発信力
パネリスト 仁坂 吉伸 氏 (和歌山県知事) 大久保 良雄 氏 (株式会社Oak-Jソリューションズ代表取締役) 岡田 豊 (みずほ総合研究所 政策調査部 主任研究員)
モデレーター 内藤 啓介 (みずほ総合研究所 政策調査部長)

(パネリストの方々の肩書は開催当時のものです)

2016年9月28日開催

2016年9月28日に開催した2016年度第4回みずほ総研コンファレンス「消費増税再延期で財政健全化はどうなる~国と地方に求められる2020年以降を見据えた対応~」では、公共経済、財政政策、地方行財政等の分野で深い知見を有する有識者をお招きし、弊社研究員とともに活発な議論を行いました。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

テーマ 消費増税再延期で財政健全化はどうなる
~国と地方に求められる2020年以降を見据えた対応~
主な論点
  • これまでの安倍政権の財政運営に対する評価
  • 2020年度のプライマリーバランス(PB)黒字化の見通し
  • 中長期的な財政健全化に向けて国・地方に求められる改革の方向性
パネリスト
(発表順)
小黒 一正 氏 (法政大学 経済学部 教授) 亀井 善太郎 氏 (東京財団 研究員兼政策プロデューサー、立教大学大学院 特任教授) 大石 利雄 氏 (みずほ総合研究所 顧問、元総務事務次官)
モデレーター 野田 彰彦 (みずほ総合研究所 政策調査部 上席主任研究員)

(パネリストの方々の肩書は開催当時のものです)

2016年7月15日開催

2016年7月15日に開催した2016年度第3回みずほ総研コンファレンス「危機に直面するブラジル経済の進路」では、ブラジル経済・金融・産業動向に深い知見を有する有識者をお招きし、弊社研究員とともに活発な議論を行いました。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

テーマ 危機に直面するブラジル経済の進路
主な論点
  • ブラジル政治・経済、レアル相場、産業構造の現状分析と見通し
  • テメル暫定政権の政策運営に対する評価
  • 外部環境変化(英EU離脱、資源価格、米金融政策)の影響評価
  • 現地展開する企業の事業・為替戦略
パネリスト 桑原 小百合 氏 (公益財団法人国際金融情報センター 中南米部長) 竹下 幸治郎 氏 (独立行政法人日本貿易振興機構 海外調査部 米州課長) 吉田 憲史 氏 (株式会社みずほ銀行 国際為替部 アジア・エマージングチーム 参事役)
モデレーター 西川 珠子 (みずほ総合研究所 欧米調査部 上席主任エコノミスト)

(パネリストの方々の肩書は開催当時のものです)

2016年6月13日開催

2016年6月13日に開催した2016年度第2回みずほ総研コンファレンスでは、「FinTechがもたらす資産運用の新潮流」をテーマに、資産運用分野におけるFinTechの動向や、金融機関、行政を含めた今後のあり方などについて、有識者をお招きし、活発な議論を行いました。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

テーマ FinTechがもたらす資産運用の新潮流
主な論点
  • 個人および機関投資家の資産運用分野におけるFinTechの現状
  • FinTechがもたらす構造変化と規制のあり方、金融機関に求められる取組み
  • 日本の資産運用業の健全な発展に向けた課題とFinTechへの期待
パネリスト
(発表順)
伊藤 敬介 氏 (みずほ第一フィナンシャルテクノロジー 投資技術開発部長)
柴山 和久 氏 (ウェルスナビ 代表取締役CEO) 和泉 潔 氏 (東京大学大学院 工学系研究科 教授) 中島 淳一 氏 (金融庁 総務企画局 参事官)
特別講演 中尾 友治 氏 (平和不動産 執行役員)
モデレーター 三宅 恒治 (みずほ総合研究所 金融調査部長)

(パネリストの方々の肩書は開催当時のものです)

2016年5月30日開催

2016年5月30日に開催した2016年度第1回みずほ総研コンファレンス「一億総活躍時代の働き方をどう描く?~企業・政策の課題を探る~」では、研究者、経営者、行政の立場からこの問題に深い知見を有する有識者をお招きし、弊社研究員とともに活発な議論を行いました。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

テーマ 一億総活躍時代の働き方をどう描く?~企業・政策の課題を探る~
主な論点
  • 安倍政権が進める一億総活躍プランの評価
  • 非正規雇用問題、ダブルケア問題とこれからの働き方
  • 働き方改革に対する企業の懸念
  • 働き方改革推進に向けた行政の役割
パネリスト 大沢 真知子 氏 (日本女子大学 人間社会学部 現代社会学科教授) 川島 高之 氏 (三井物産ロジスティクス・パートナーズ株式会社 代表取締役社長、NPO法人ファザーリング・ジャパン理事) 長谷川 孝 氏 (横浜市 政策局 政策調整担当理事) 大嶋 寧子 (みずほ総合研究所 政策調査部 主任研究員)
モデレーター 内藤 啓介 (みずほ総合研究所 政策調査部長)

(パネリストの方々の肩書は開催当時のものです)

2016年3月10日開催

2016年3月10日に開催した2015年度第4回みずほ総研コンファレンスでは、ロシアをめぐる地政学リスクと原油安の行方をテーマに、有識者をお招きし、弊社研究員とともに活発な議論を行いました。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

テーマ ロシア地政学リスクと原油安の行方
主な論点
  • ウクライナ危機の背景と今後の展望
  • ロシアの対外強硬路線とその行方
  • 原油安の原因と産油国の対応、今後の原油価格の行方
パネリスト
(基調講演順)
伊東 孝之 氏 (北海道大学 名誉教授・早稲田大学 政治経済学術院 名誉教授)
兵頭 慎治 氏 (防衛省防衛研究所 地域研究部 部長) 本村 眞澄 氏 (石油天然ガス金属鉱物資源機構 調査部 主席研究員)
モデレーター 金野 雄五 (みずほ総合研究所 欧米調査部 主任研究員)

過去の開催分

お問い合わせ

担当:調査本部
電話:03-3591-1400

ページの先頭へ