本文の先頭です

カーボンアカウンティング【炭素会計/Carbon Accounting】

CSR 財務・会計

カーボンアカウンティングとは、事業活動における二酸化炭素(C02)等の温室効果ガスの排出量およびその削減量をC02に換算して、算定し開示すること。急激な地球温暖化が進む中、京都メカニズムをはじめ、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告等、世界規模で政府、企業、環境保護団体による様々な取組が始まっており、金融機関においても、CSR活動の一環として、融資先から発生する温室効果ガスを算定し、その事業を評価する動きが見られる。

【用語集をご利用のお客さまへ】

この用語集(以下「本用語集」といいます)は、みずほ総合研究所(株)(以下「当社」といいます)の著作物であり、本用語集に記載されている情報(文書、データ等)の著作権は当社に帰属します。当社は、本用語集に記載されている情報の正確性・完全性につき保証するものではなく、本用語集に依拠してなされた判断等、本用語集に関する一切の行為につき直接的・間接的に発生したいかなるトラブル・損失・損害に対しても、その予見可能性の如何を問わず責任を負いません。

ページの先頭へ
フッターの先頭です

このウインドウを閉じる

ページの先頭へ