ページの先頭です

シナリオ分析 異次元緩和脱出 ~出口戦略のシミュレーション~

シナリオ分析 異次元緩和脱出 ~出口戦略のシミュレーション~

日本銀行による総括的検証から1年が経過した。米国を中心に金融政策の正常化に向けた動きが強まるなかで、黒田東彦総裁の任期満了を来年4月に控え、日本銀行の出口戦略にも注目が高まっている。
本書では、金利の上昇を伴う出口戦略をどう描くべきか、「日本銀行のバランスシート」「国の財政」「金融機関の収益」の3つの視点から問題点を検証。8つのシナリオ分析をもとに、出口戦略がもたらす衝撃を最小限に抑える選択肢を提示している。

左右スクロールで表全体を閲覧できます

編著 みずほ総合研究所 高田 創
発行 日本経済新聞出版社
発行日 2017年10月23日
価格 2,000円+税
ISBN 978-4-532-35749-8

目次

I 挑戦――黒田日銀の5年間は何だったのか

  1. 1黒田日銀の5年
  2. 2バランスシート調整と出口
  3. 3風を捉えた日銀

II 宿命――日銀の「3つの不都合な真実」

  1. 13つの不都合な真実
  2. 25回のジンクス
  3. 3エンジンのないヨット
  4. 4犬のしつけ

III 提言――日銀への「3つの提言」

  1. 1日銀への3つの提言
  2. 2日銀版OKルール
  3. 3日銀版アコード
  4. 4日銀版ロードマップ
  5. 5「総括的検証2.0」の行方

IV 出口――永遠に続くゼロのコスト・ベネフィット分析

  1. 1金融緩和のベネフィット
  2. 2金融緩和のコスト
  3. 3海外中銀に学ぶバランスシート縮小時の赤字対策

V 日銀――永遠に続くゼロを避けるための出口スキーム

  1. 1出口における日銀の収支予想
  2. 2出口におけるバランスシートの変化

VI 財政――出口で維持可能なのか

  1. 1金利上昇で政府債務は発散するか
  2. 2出口における財政状況の予想
  3. 3統合政府ベースで出口戦略を乗り切る

VII 銀行――出口に向けて金融機関はどう対応するか

  1. 1出口における銀行の収支予想
  2. 2金融機関に求められる出口戦略への対応

VIII 審判――「神の見えざる手」のコーディネーション

  1. 1「三位一体構造」の総括
  2. 2利上げ環境は本当にできるか

お問い合わせ

担当:総合企画部広報室
電話:03-3591-8828

ページの先頭へ