ページの先頭です

人事部長メッセージ

世界の羅針盤 
── シンクタンクの一員として目指すもの

日本、更に世界の経済、社会、企業活動を取り巻く環境は常に変化を繰り返している。また様々な変化は、循環的要素と構造的要素が混在しており、その分析力、将来進むべき方向性を見極める力がシンクタンクに求められている。

皆さんは、当社のホームページの「人を知る」「仕事を知る」で紹介した、当社社員の日々の活動をご覧になられただろうか。現在みずほ総合研究所は<リサーチ><ビジネス・コンサルティング><ヒューマン・リソース・コンサルティング><メンバーシップ>の4つのビジネスラインを軸に事業を展開しており、各分野で活躍している社員は、入社以降も専門性を積み重ね、経済、社会、企業のニーズに応えるべく、情報発信、提案・提言活動を日々続けている。

なぜ我々はこうした取り組みを続けているのか──。みずほ総合研究所は、みずほフィナンシャルグループのシンクタンクとして、絶え間ない変化を続ける日本、世界の経済、社会、企業活動の進むべき先を示す「羅針盤」を目指しているからである。

こうした当社及び社員の取り組みに共感を持った学生の皆さん、是非当社の門を叩いてもらいたい。そして、来年春に当社社員とともに、エコノミスト・研究員・コンサルタントとして「世界の羅針盤」を目指してみないか。

写真

みずほ総合研究所 人事部長

みずほ総合研究所 人事部長 山中 登一郎

会社を知る トップ

ページの先頭へ