ページの先頭です
コンサルタント(人材育成)長瀧 祐希

コンサルタント(人材育成)

長瀧 祐希 Yuki Nagataki

人材育成事業部
経済学部卒業

コンサルタント(人材育成)長瀧 祐希

セミナーの企画から講師の選定、集客、運営、損益管理まで
すべてを担う醍醐味。

人材育成事業部での私の仕事は、「みずほセミナー」の企画・実施です。「セミナーを担当している」というと「事務局ですか」と聞かれることがありますが、それだけではありません。私が担当しているのはセミナーに関するすべて。企画立案に始まり、講師の選定・打ち合わせ、告知や集客、そして当日の運営です。収益にも責任があります。もともと私は、就職活動時、大企業を訪問するなかで、細分化された仕事の一部しか担えないのはつまらないなと感じていました。その時、みずほ総研のセミナーグループの仕事を知り、企画から実施まで、すべてを担当できることに大きな魅力を感じて入社しました。

セミナーグループでは、年間に約500本から600本のセミナーを開催しています。私は国際ジャンルと経営企画ジャンルを受けもち、年間で100本ほどのセミナーを開きます。日々の報道や法改正動向などから担当分野に関するさまざまな動きをしっかりキャッチするのはもちろん、事業会社の方が今どこで困っているのか、どんなことを知りたいと思っているのか、そのリサーチが欠かせません。ホームページに寄せられるご意見やセミナー会場でのアンケートなどからも、お客さまのニーズをつかんでいきます。

セミナーの企画は、よくビジネス書籍の編集者の仕事に似ているといわれます。確かに、世の中が求めているテーマをみつけ、その専門家に解説してもらう、という意味では同じですが、セミナーにはもっと高い鮮度が要求されます。セミナーはまさに今知りたいと思われているものを提供するところに価値があるだけに、お客さまから「ちょうどこのことが知りたかった。ありがとう」と言っていただけたときは、本当にうれしく思います。私が企画したセミナーがきっかけとなり、講師の方へ出講や執筆の依頼が来るようになったり、雑誌で類似テーマの特集が組まれたこともありました。その際は、自分の企画が受け入れられたのだと、とても充実した思いでした。

コンサルタント(人材育成)長瀧 祐希

コンサルタント(人材育成)長瀧 祐希

講師の先生に出会い、さまざまなお話が聞けるのは役得。
働くことや、自分の成長について、貴重な話を聞いたことも。

セミナーをより魅力的なものにしていくのは、講師の先生との打ち合わせです。私の思いつきや直感も、先生の知見を得て深まっていきます。新聞やテレビなどで活躍されている先生にも直接お会いして意見交換ができる。それもセミナー担当ならではです。「そのテーマなら、もう少し違う角度からアプローチした方が面白い」「海外子会社ではこちらが主流だ」など、示唆に富むお話を聞くこともできます。時にはセミナーのテーマを超えて、仕事や人生についてお話を伺うこともありました。

入社間もない頃のことです。たぶん私がまだ仕事に慣れず、辛そうな顔をしていたのでしょう。「長瀧さんはどんな仕事がしたいの?」と聞かれた後、先生はこう続けました。「目の前にある仕事を、一生懸命やっていれば見ている人は見ているし、いい流れもできる。取りあえず目の前のことを、一つひとつしっかりやっていきなさい」と。

就職活動などでは、まずビジョンを明確にして、それに向かってどう進むかというふうに考えさせられることが多く、また会社経営や仕事も評価されるのはこの「ビジョン先行型」で、現状を一歩一歩引き上げていくような取り組みは、あまり評価されないと思っていました。それだけに、「それでいい、目の前の仕事をしっかりやっていけば成長できる」という先生の言葉がとても新鮮で、以来それを私のモットーにしています。

セミナーは、注目すべきテーマをタイムリーに取り上げ、講師の先生との双方向のコミュニケーションをもとに、活字にできないような現場目線の話にも言及できるというダイナミックなツールです。これからも企画者として目の前のセミナーに一生懸命に取り組み、「面白かった」と言っていただけるものを送り出していきたいと思います。

1日のスケジュール
08:10

出社

08:40

当日開催するセミナーの会場設営

09:00

メールチェック
レジュメ原稿のチェック、校正

コンサルタント(人材育成)長瀧 祐希

10:30

販促会議
販促スケジュールの調整、効果分析、販促方法の提案

11:30

昼食

12:30

最新書籍、雑誌からビジネストレンドを捉えるための情報収集

13:30

講師事務所を訪問。新規セミナーの提案、打ち合わせ

15:30

帰社。セミナーパンフレット原稿作成

17:00

メールマガジンの原稿作成

18:00

退社

コンサルタント(人材育成)長瀧 祐希

人を知る トップ

ページの先頭へ