ページの先頭です
コンサルタント(人材育成)清水 洋平

コンサルタント(人材育成)

清水 洋平 Yohei Shimizu

人材育成事業部
社会科学研究科修了

コンサルタント(人材育成)清水 洋平

どのような優れた戦略や制度も担うのは人。
人が変わらなければ組織は変わらない。

もし私が、大学時代に女子バレー部のコーチをしていなかったら、今の仕事には就いていないかもしれません。大学で私はバレーボールの選手で、体育館の隣のコートではいつも女子バレー部が練習をしていました。しかし、その練習に魅力がない。「もう少し違うやり方をしたら、練習は楽しくなり、チームはもっと強くなるのに」と思っていたところに、縁があってコーチを引き受けることになったのです。コーチ就任後、私の働きかけに対して部員たちは力を伸ばし、着実にチームは強くなっていきました。大学院を出てそのまま研究室に残り、研究生活を続けるという選択肢もありましたが、目の前の組織や人からリアクションがもらえることのおもしろさを改めて知った私は、コンサルタントという仕事を選びました。

入社後は、まず経営戦略や業務改善、内部管理などの企業の事業戦略を策定するコンサルティングを学び、その後自分の希望で組織診断や人事制度構築を担当しました。2014年には当時のコンサルティング部から現在の人材育成事業部に移り、それまでの戦略や制度といった「ハード」ではなく、「ソフト」である人そのものを相手にして、その成長を実現しています。

主な業務は「企業内研修」の提案と実施です。お客さまから経営上の課題やその解決に必要な人材育成上のニーズを伺い、それを実現するための研修プログラムを、講師の人選や講義内容を含めて企画し提案します。採用されれば、実際の研修実施、フォローまでを行います。企業という組織は人で構成されています。どのような優れた戦略も制度も、担うのは人であり、人が変わらなければ組織は変わりません。そして、人が変わるということは、企業内に新たな関係性が生まれるということであり、その人の人生そのものを変えることにもつながります。その場面に関わる仕事に、大きなやりがいを感じます。

コンサルタント(人材育成)清水 洋平

コンサルタント(人材育成)清水 洋平

パッケージ化された研修を売り込むのではない。
経営課題の解決のため一つひとつ編み上げていく。

企業内研修を企画・提案するお客さまは、さまざまな業種、さまざまな規模の企業や団体です。新人研修、階層別研修、役員研修、営業研修、マナー研修、コンプライアンス研修など、研修の対象者も内容も千差万別です。どのような研修が役に立つのか、まず解決すべき経営課題と組織上の課題を明確にするところから内容を絞り込んでいきます。あらかじめ決まった研修のパッケージメニューがあり、それを営業活動によって採用してもらう、というものではありません。私たちはパッケージ化された研修メニューを持っていません。あらゆる研修は、お客さまの経営課題の解決のためにあり、その課題に応じて一つひとつつくりあげていきます。

例えば、あるお客さまから「社員の接客マナーや電話応対について研修をしてもらえないか」という依頼があったときのことです。私は、今なぜそれが必要なのか、そこから話を伺っていきました。すると、その背景には、業界再編によって新たな競争関係が生まれ、サービスの質の向上が課題として浮かび上がっているという事情がありました。だとすれば、単なる接客マナーの向上ではなく、そもそも「顧客満足」(CS)とは何か、それをどう実現するかという問題ではないのか。そのためには、組織の体質のようなものから変えていく必要があり、単なる接客技術の問題ではないのではないか──。このように考え、実際の研修では、CSに関するメニューを前段に設けることを提案、お客さまからも「確かにそうだ。この機会に、社員がもっと意識を顧客に向け、サービス提供者として振る舞えるように改革をしよう」と同意を得ることができました。まさにこれこそ、私たちだからこそ提供できる研修であったと思います。

これからも、お客さまの経営課題に踏み込んだ研修を提案していきます。また、みずほ総研ならではのリサーチ力を活かして、今必要とされる新たな研修プログラムも独自につくりあげていきたいと思っています。

1日のスケジュール
08:30

研修講師とお客さま先を訪問。研修の立ち上げを準備

09:00

研修開始

10:00

順調なスタートを見届け、帰社

コンサルタント(人材育成)清水 洋平

11:00

営業準備。資料等を用意。後輩に、案件についてのアドバイス

12:00

お客さま先へ移動。出先で昼食を取る。この間にメールを確認

13:00

みずほ銀行の渉外担当者と待ち合わせ、お客さま先を訪問。人材育成上の課題や研修ニーズをヒアリング

15:00

出先にてお客さまや講師、社内の事務担当に連絡。リモートで各案件を進行

16:00

研修実施先に戻る

17:00

研修終了。お客さまと研修の状況の確認。次回実施へ向けた確認

18:00

出先にてメール等を確認。講師に別案件を相談。残務処理後、出先からそのまま帰宅

20:00

帰宅。夕食後子どもと遊ぶ

コンサルタント(人材育成)清水 洋平

人を知る トップ

ページの先頭へ