ページの先頭です
コンサルタント(企業年金)田中 博也

コンサルタント(企業年金)

田中 博也 Hiroya Tanaka

人事コンサルティング部
数理物質科学研究科修了

コンサルタント(企業年金)田中 博也

将来の生活のためにある年金・退職金制度が、
会社の経営を圧迫することがないように。

私は大学院で数学を専攻していたこともあり、その知識を活かして年金の仕事がしたいと思って入社しました。生命保険会社や損害保険会社で商品の設計をするという進路も、もちろんあります。しかし、それらの商品は、最終的にはお客さまのためのものとはいえ、保険会社が商品として販売するものです。その点、年金コンサルタントの業務は、自社商品をつくって販売するものではありません。お客さまに向き合ってそのニーズに合わせ、最適なソリューションを提案するという仕事であり、自分に合っていると思いました。

入社したばかりの頃は、上司に同行しながらその業務のサポートをするのが主な仕事でしたが、年次を重ね、主担当としてお客さまのもとに出向き、要望に沿った新たな年金制度を設計し、説明する機会が増えてきました。IFRS(国際会計基準)の導入をにらんだ退職給付会計基準の改定により、積立不足はすべてバランスシート上で即時に認識されるようになりました。市場金利の変動も債務を膨らませる要因となり、せっかく従業員の皆さんが一生懸命働いて本業で稼いでも、本業とまったく関係のない市場環境の変化によって、将来の生活のためにある退職金・年金制度が会社の経営を圧迫することにつながる場合もあります。そうした状況を打開するために退職金・年金制度をどうすればいいか、新たに設計するならどのようなものがいいのか、相談を受け提案をするのが私の仕事です。

しばしば用いられるのが、会社が将来の給付額を約束した「確定給付型の制度」から、会社が拠出する掛金額を定め、将来の受取額は本人の運用結果に任せる「確定拠出年金」への制度変更です。確定拠出年金では、将来企業が給付する年金を債務として認識する必要がないので、バランスシートへの影響をおさえることができます。ただし、会社にはこのようにメリットのある制度ですが、運用の責任とリスクは従業員が負わなければなりません。人事上の施策としてどうか、お客さまの側で異論がでることもあります。また、従来の退職金制度では、退職時の給与に率をかけて退職金額が決定する設計になっているケースがしばしば見受けられます。しかし、新しい退職金制度では、在籍中の等級や評価をポイントとして積み上げていく設計が主流であり、退職金制度と人事施策との整合性がしばしば問題として浮かび上がります。

コンサルタント(企業年金)田中 博也

コンサルタント(企業年金)田中 博也

もっとも影響を受けるのはコンサルティングの打ち合わせにいない従業員の皆さん。
その人たちのことを思いながら設計する。

年金制度は、表面上は“福利厚生”的なものにみえるかもしれませんが、決してそれにとどまるものではありません。会社の経営に及ぼすインパクトは大きく、また“給与の次”といえるほど、重要な人事上の施策です。企業会計上の問題として簡単に処理できるものではないのです。

会社にとってのみ有利な企業年金制度への転換を提案することは、難しいことではないかもしれません。しかし、私の任務は、会社のあらゆるステークホルダーにとって最適な年金制度の設計であり、誰もが納得できるものをつくりあげることだと思っています。この設計で本当に従業員の皆さんは納得できるのか ── 。経営層がそれで行こうと同意しても、労働組合や従業員が納得できなければ、導入は成功しません。ただ設計し、これが正しいと主張するだけなら誰でもできるし、その設計手法は専門誌に載っているかもしれない。しかし、私たちみずほ総研が関わる以上、誰もが納得できるものを丁寧につくりあげる必要があります。

年金制度が適用され、その影響を受けるのは従業員の皆さんです。しかし、従業員の皆さんは打ち合わせの席にも、提案の席にもいません。私はその人たちのことを常に意識しながら、制度設計を進めたいと思っています。

1日のスケジュール
08:40

出社
ニュース、メール、スケジュール等の確認

09:30

ミーティング
先週までの業務及び今後の作業予定について報告

コンサルタント(企業年金)田中 博也

10:00

コンサルティング資料作成
次回打ち合わせに向けた準備、最近の退職金・年金の動向を確認

12:00

昼食

13:30

お客さまを訪問
現在の退職金制度を続けた場合のシミュレーション結果を報告
新制度構築に向けて情報提供・ニーズをヒアリング

16:00

みずほ銀行の営業店を訪問
行員に向けて退職金・年金制度に関する勉強会を実施

18:00

帰社
午後の打ち合わせの整理、コンサルティング資料作成
企画提案書の方向性を社内でミーティング

19:30

退社
帰宅後は業務に関連する知識習得のための勉強 

コンサルタント(企業年金)田中 博也

人を知る トップ

ページの先頭へ